バンコク都内の競馬場、102年の歴史に幕

 バンコク都内にある競馬場「ロイヤル・ターフ・クラブ」が、16日に閉鎖された。この競馬場は1916年にオープンし、100年以上続いた歴史ある競馬場だった。 

タイ地元紙によると、競馬人気がなくなり、売り上げの低迷が続いていた。このようなこともあり、この土地を保有する王室財産管理局が賃貸契約を解除し、土地の返却を求めていた。

当日は約5000人の競馬ファンが集まり、閉鎖を惜しんだそう。

関連記事(外部サイト)