ソンクラーン6日間、交通事故で348人死亡

 タイ内務省は、タイ正月(ソンクラーン)期間中(11〜16日)における交通事故件数が3068件となり、これによる死者が348人、負傷者が3176人確認されたと発表した。 

タイ地元紙によると、最も事故による死亡者が多かった地域はタイ東北部ナコーンラーチャシーマー県とウドーンターニー県でそれぞれ15人ずつ。最も事故による負傷者が多かった地域は南部ナコーンシータンマラートけんで126人。ほとんどが飲酒運転とスピード違反による事故だった。

ソンクラーン期間中は、例年飲酒運転などによる交通事故が急増することから、政府は事故を減らそうと毎年様々な対策を講じるが、思うような結果は出ていない。

関連記事(外部サイト)