4月の空港利用者、ドンムアンやプーケット空港で減少

 スワンナプーム国際空港をはじめタイ国内6空港を管理するエアポーツ・オブ・タイランド(AOT)によると、2019年4月の同社が管理する空港の利用者数が前年同月比0.39%減の1209万1092人となった。これにより今年1〜4月の同利用者数は1.87%増の5082万5885人となった。 

各空港の4月の利用者数は、スワンナプーム国際空港が同1.61%増の550万3998人、ドンムアン空港が同0.06%減の353万3120人、チェンマイ空港が同1.62%増の88万5647人、ハートヤイ空港が同4.19%減の36万2422人、プーケット空港が同7.41%減の156万3963人、チェンラーイ空港が同1.93%減の24万1952人となった。

また1〜4月の利用者数は、スワンナプーム国際空港が同3.31%増の2315万6816人、ドンムアン空港が同1.79%増の1423万1466人、チェンマイ空港が同6.67%増の410万4856人、ハートヤイ空港が同5.02%減の137万6075人、プーケット空港が同4.17%減の690万8618人、チェンラーイ空港が同5.76%増の104万8054人となった。

関連記事(外部サイト)