プラユット首相の続投決定、予想通り上院からの支持厚く

 昨日(5日)行われた国会で、タイ 軍派パランプラチャーラット党などが支持するプラユット首相が再び首相の職を続投することが決まった。 

軍政が指名した上院議員(定数250)と選挙によって選出された下院議員(同500)による指名制で、プラユット首相が3分の2となる500票の支持を集め続投が決まった。

パランプラチャーラット党のほか、ギリギリになって軍側が支持を取り付けた民主党、プームチャイタイ党、そして軍政によって選出された上院議員がプラユット首相を指名した。

反軍政派が支持する新未来党のタナートーン党首は、244票にとどまった。

関連記事(外部サイト)