チクングンヤ熱感染、シンガポール人学生ら訪タイ中に

 タイ保健省疾病対策局(DDC)は、修学旅行でラーチャブリー県を訪れていたシンガポール人学生ら14人がチクングンヤ熱に感染していたことを明らかにした。 

タイ 地元紙によると、すでに学生らは快復しシンガポールに帰国している。現在専門家を現地に派遣し他に感染者がいないか調査をしており、現地で蚊の撲滅対策を進めているそうだ。

今年は同じく蚊媒介感染症の一つであるデング熱感染者も前年比で2倍と大流行しており、蚊に刺されないよう注意する必要がありそうだ。

関連記事(外部サイト)