カブトムシなど120匹密輸、邦人男性逮捕

 日本のカブトムシやクワガタを密輸しようとした邦人男性(44)が、ドンムアン空港で逮捕された。 

タイ地元紙によると、係員が成田空港発の飛行機に乗って来た男性のスーツケースを確認したところ、カブトムシ100匹、クワガタ20匹を発見した。

1匹あたり2000バーツ程度で売買されており、市場価格で約24万バーツ。売買目的で密輸したものとみられており、輸入が認められていないものだったことから、男性は現場で逮捕された。

関連記事(外部サイト)