ワチラロンコン国王、新内閣リストを承認

 ワチラロンコン国王は10日、プラユット首相から提出された新内閣リストを承認した。2014年のクーデター後、約5年ぶりの民政復帰となるが、引き続き軍支持の政党が連立政権を主導する。 

タイ地元紙によると、新政権樹立までの空白期間は108日と歴代で最も長くなった。様々な政党が集まってできた連立政権ということもあり、閣僚ポストの調整が難航していた。

関連記事(外部サイト)