シリキット王太后が入院、発熱や咳を訴え

 王室機関は22日、シリキット王太后が発熱と咳を訴えチュラロンコーン大学病院に入院したと発表した。 

タイ地元紙によると、すでに快方に向かっており、熱も下がり食事もできる容体だそう。ただし念の為、もうしばらく入院して様子を見るとのこと。

シリキット王太后は、2016年10月に死去した前プミポン国王の妃で、現ワチラロンコン国王の母。

関連記事(外部サイト)