バイクの歩道走行、罰金額を引き上げ

 バンコク都は、バイクが歩道を走行する問題について取り締まりの強化を進めている。 

タイ地元紙によると、現在バンコク都内においてバイクで歩道を走行する行為は罰金1000バーツとなっているが、罰金額が少ないためか違反者の再発が多かった。そのため来月1日から罰金額を2000バーツに引き上げ、再発を防止することを決めた。

昨年7月9日から約1年間で、歩道を走行するバイクを取り締まった件数は2万659件。これによる罰金総額約1100万バーツ。

以前からバイクが歩道を走行することはあったが、最近この問題が特にソーシャルネットワークサービス上で話題になっており、関連機関がようやく本腰を入れて対策に乗り出したようだ。

関連記事(外部サイト)