上半期の空港利用者、前年から微増

 スワンナプーム国際空港をはじめタイ国内6空港を管理するエアポーツ・オブ・タイランド(AOT)によると、2019年6月の同社が管理する空港の利用者数が前年同月比0.30%減の1064万288人となった。これにより今年1〜6月の同利用者数は0.92%増の7223万3025人となった。 

各空港の6月の利用者数は、スワンナプーム国際空港が同2.28%増の484万4789人、ドンムアン空港が同2.38%減の319万8009人、チェンマイ空港が同3.56%増の81万2711人、ハートヤイ空港が同3.95%減の31万7663人、プーケット空港が同6.96%減の124万7946人、チェンラーイ空港が同8.06%減の21万9170人となった。

また1〜6月の利用者数は、スワンナプーム国際空港が同2.48%増の3276万635人、ドンムアン空港が同0.43%増の2078万7930人、チェンマイ空港が同5.18%増の574万757人、ハートヤイ空港が同4.93%減の203万2113人、プーケット空港が同4.83%減の940万9573人、チェンラーイ空港が同5.73%増の150万2017人となった。

関連記事(外部サイト)