2019年上半期の投資申請額、前年比16.58%減

 タイ投資委員会(BOI)は、2019年上半期(1〜6月)の投資申請額が前年比16.58%減の2326億1000万バーツとなり、申請件数は同7.21%増の758件となったと発表した。これによる雇用者数は同25.41%増の7万3258人となった。 

タイ資本100%による申請件数は同15.42%増の247件、外国資本100%による同件数は8.49%増の294件、合弁による同件数は2.25%減の217県となった。

業種別の申請はサービス・公益事業が最も多い同16.03%減の241件。電気製品・電子工業の同24.80%増の156件、金属製品・機械・輸送設備の同32.43%増の147件と続いた。

関連記事(外部サイト)