線路を固定するボルト盗まれ列車が脱線、中部チャアムで

 19日正午頃、タイ南部ペップリー県チャアム郡で、走行中の列車が脱線する事故が起きた。幸い負傷者は出なかった。 

タイ地元紙によると、関係機関が脱線の理由を調査したところ、レールと枕木を固定するボルトが外れていたことがわかった。かなりのボルトがなくなっていたことから、地元警察は窃盗事件として捜査を始めたところ、同郡の廃品回収業者がこのボルトを多数保管していることがわかった。

現在何者が廃品回収業者に持ち込んだか関係者から聞き取り捜査を進めている。

関連記事(外部サイト)