国内最大の水族館、南部セントラルプーケットにオープン

 流通大手セントラル・パタナ(CPN)は、タイ南部プーケット県のショッピングセンター「セントラル・プーケット」の地下1階に国内最大規模の水族館「アクアリア・プーケット」を今月24日にオープンしたと発表した。 

タイ地元紙によると、この水族館の広さは約1万平方メートル、投資額は約6億バーツ。300種類以上5万1000匹ほどの海洋生物を館内で見ることができるそうだ。

入場料は大人が890バーツ、子供が490バーツ。営業時間は毎日午前10時半から午後7時まで。

関連記事(外部サイト)