北部・東北部で大規模洪水被害、37人死亡

 タイ保健省は、ここ最近タイに近付いた熱帯低気圧の影響で北部・東北部で大雨が続き、河川氾濫などによってこれまでに37に人の死亡が確認されたと発表した。 

タイ地元紙によると、特にウボンラーチャターニー、ヤソートーンなどで合わせて18人が死亡し、被害が甚大だそう。

河川の氾濫によって、依然村が水没している地域が多く、長期的な助けを必要としている状況のようだ。

関連記事(外部サイト)