8月の工業生産指数、前年比4.4%減

 タイ工業省工業経済局(OIE)は、2019年8月の工業生産指数(MPI)が前年同月比4.4%減の100.58となったと発表した。 

HDD関連、魚介類、ノンアルコール飲料等が好調だったものの、自動車、電子部品、ゴム製品が悪化した。輸入が大幅に減少し始めており、今後の生産への影響が懸念されるとし、引き続き米中貿易摩擦による影響を注視していくとしている。

関連記事(外部サイト)