JSCCIB、今年のGDP成長率見通しを引き下げ

 タイ商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)は、今年のGDP成長率見通しをプラス2.9〜3.3%からプラス2.7〜3.0%に引き下げた。 

タイ地元紙によると、世界経済が不安定化、米中貿易摩擦の長期化、英ブレグジット問題、バーツ高が続いていることが引き下げの理由。

タイ中央銀行(BOT)も最近になって同成長率見通しをプラス3.3%からプラス2.8%に引き下げている。

関連記事(外部サイト)