FTI、今年の自動車生産台数見通しを引き下げ

 タイ工業連盟(FTI)は、今年の自動車生産台数見通しを215万台から200万台に引き下げた。昨年は216万台だったことから、前年比で7.5%減となる見通しだ。 

タイ地元紙によると、輸出用の生産落ち込みは、米中貿易摩擦による世界経済の後退。国内販売用の生産落ち込みは、東北部の大洪水、景気減速による金融機関の融資厳格化などが理由。

関連記事(外部サイト)