プーケットに新たなテーマパーク「カーニバル・マジック」を建設へ

 タイ南部プーケット県でテーマパーク「プーケット・ファンタジー」を運営するプーケット・ファンタジーは、新たなテーマパーク「カーニバル・マジック」を開発すると発表した。 

タイの独特の雰囲気を表現したカーニバルをコンセプトとしたテーマパークで、カマラビーチ近くにあるテーマパーク「プーケット・ファンタジー」の隣接地に開発する計画だ。プーケット・ファンタジーが設立した子会社カーニバル・マジックが開発する。

敷地面積は約16万平方メートル、投資額は約50奥バーツ。売上目標は年15億バーツ、想定来場者数は年100〜200万人、このうち70%は外国人、30%はタイ人と見込んでいる。

関連記事(外部サイト)