第3四半期のGDP成長率、プラス2.4%

 タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)によると、2019年第3四半期(7〜9月)におけるGDP成長率が前年同期比プラス2.4%となった。前期のプラス2.3%から、わずかに改善した。 

農業部門が比較的好調だったものの、非農業部門が米中貿易摩擦への影響などで輸出減によって悪化した。引き続き観光関連は好調を維持したようだ。

関連記事(外部サイト)