ラオスでM6.1の地震、負傷者なし

 本日(21日)早朝、タイとラオスの国境近くでマグニチュード6.1の地震が発生した。 

タイ地元紙によると、震源はタイ北部ナーン県近くのラオス側の山岳地帯で、震源の深さは10キロ。

タイ側では、住宅などの建物の一部が崩れたりする被害は出ているが、負傷した人などは確認されていない。

関連記事(外部サイト)