ラビットカード、発行枚数が1300万枚突破

 バンコク都内の高架鉄道(BTS)を運営するバンコク・マス・トランジット・システム(BTSC)は、ICカード「ラビットカード」の発行枚数が1300万枚を突破したと発表した。 

タイ地元紙によると、昨年の累計発行枚数は895万枚だったが、今年に入って大幅に増加した。路線の延伸によって、利用者が増加したことが大幅に増加した理由とみられる。

このカードは、BTSのほか、BRTやバンコクや地方都市の一部バス、大手飲食チェーンなどで利用が可能だ。

関連記事(外部サイト)