深南部で線路爆破テロ、一部運転見合わせ

 本日(27日)早朝、タイ南部ナラーティワート県スンガイパーディ郡トテン駅近くで、何者かによって線路が爆破される事件が起きた。 

タイ地元紙によると、この爆破事件による被害者は確認されていない。深南部の情勢悪化を目的とした爆破テロと見られており、地元警察が現在捜査中だ。

タイ国鉄道公団(SRT)が、復旧作業を開始。バンコク〜スンガイコーロック線は現在タンヨンマス駅まででバンコク側に折り返しとなり、そこから先終着駅のスンガイコーロックまではSRTが手配したバスで向かうことになる。

関連記事(外部サイト)