10月の工業生産指数、前年比8.45%減

 タイ工業省工業経済局(OIE)は、2019年10月の工業生産指数(MPI)が前年同月比8.45%減の95.70になったと発表した。 

OIEが予想した以上に悪化している理由について、石油精製施設2カ所がメンテナンスでストップしていること、米中貿易摩擦による景気減速、バーツ高による輸出減などを挙げている。

メンテナンス中の石油精製施設が稼働していれば、前月と同水準となる5.77%減にとどまるとしている。

関連記事(外部サイト)