アイコンサイアム隣接駅、来年10月に開業予定

 バンコク都は、バンコク首都圏の新路線ゴールドライン(プラチャーティポック〜クルントンブリー駅)を来年10月頃にテスト運行を開始する見通しであると発表した。 

このゴールデンラインは、BTSシーロム線クルントンブリー駅から将来的に開業するパープルラインのプラチャーティポック駅を結ぶ路線で、モノレール方式で建設中だ。

タイ地元紙によると、総延長2.8キロ、クルントンブリー駅、ジャルンナコーン駅(アイコンサイアム隣接駅)、クローンサーン駅、プラチャーティポック駅の4駅が建設される。

将来的にアジアティーク・ザ・リバーフロントまで延伸する計画も出ており、川沿いの人気スポットを沿うように走る路線となることが期待されている。

関連記事(外部サイト)