ロッブリーの強盗事件、犯人の男性校長逮捕

 今月9日にタイ中部ロッブリー県ムアンロッブリー郡のショッピングセンター「ロビンソン」の金販売店に強盗が押し入った事件で、地元警察が犯人の男性を逮捕した。 

タイ地元紙によると、これまでにわかっているのは犯人の男性(38)はシンブリー県の学校の校長で、借金の返済を目的に事件を起こしたようだ。借金は90万バーツほど抱えていたことがわかっている。

この事件で、犯人の男性は金を強奪時に所持していた拳銃を乱射し、子供を含む3人が死亡した。

関連記事(外部サイト)