中国人向け到着ビザ発給停止も、新型ウイルスで

 タイ政府は、タイ国内で新型コロナウイルスのの流行を阻止するため、中国人向けに発給しているオンアライバルビザ(到着ビザ)を一時的に停止することを検討している。 

タイ地元紙によると、保健省をはじめとした関係機関が、31日に緊急会議を行うそう。場合によっては、一時的に中国人を対象に同ビザの発給を停止する可能性があるそうだ。

現在中国政府の決定で中国から団体旅行がなくなったことで、タイ国内の観光業に大打撃を与えているが、もしこのビザの発給がなくなれば更に中国人観光客がいなくなることになる。

2019年の外国人観光客数は約4000万人で、このうち中国人が約1100万人。日本と同様に観光業はかなり中国人観光客に依存した状況になっている。

関連記事(外部サイト)