高層ビルの建設作業を3日間禁止、バンコク都が大気汚染対策

 バンコク都は、悪化する大気汚染対策として、本日(4日)から3日間鉄道や高層ビルで粉塵が出るような工事を禁じると発表した。 

タイ地元紙によると、工事現場から発生する粉塵によって粒子状物質(PM2.5)の数値が悪化しているとし、一時的に禁止することを決めた。

ただし内装工事など、粉塵を出さない作業は可能としている。

関連記事(外部サイト)