BTSチョンノンシーとスラサックの間に新駅、来月8日に開業へ

 バンコク首都圏の鉄道(BTS)シーロム線のチョンノンシー駅とスラサック駅の間に建設中のセントルイス駅が、来月8日に開業する見通しとなった。 

タイ地元紙によると、この駅は近くのAIAグループと共同で開発した駅となり、AIAサトーン・タワーと直結する。

BTSを運営するバンコク・マス・トランジット・システム(BTSC)は、この新たな駅の開業で利用客が1日9500〜1万2000人程度増え、年間での売上が1億バーツ近く増加すると見込んでいる。

将来的には、BTSアーリー駅とサパーンクワイ駅の間にも新たにセーナールアム駅を開発する計画を明かしている。

関連記事(外部サイト)

×