タイ南部で南アフリカ変異株を確認

 タイ保健省疾病予防局は23日、タイ南部ナラーティワート県タークバイ郡で発生したクラスター(集団感染)で、新型コロナウイルスの南アフリカ型変異株を発見したと発表した。 

タイ地元紙によると、このクラスターでは83人の感染が確認されており、このうち3人から南アフリカ型変異株を確認した。

政府は、マレーシアから不法入国した人経由での感染の疑いが高いとされており、不法入国の取り締まりを強化するとしている。

関連記事(外部サイト)

×