ペップリーの工場感染拡大止まらず、周辺地域をロックダウン

 タイ中部ペップリー県カオヨーイ郡のカルコンプカルコンプ・エレクトロニクス社の工場で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生して以降、郡内での感染拡大が続いている。 

タイ地元紙によると、すでに工場関係者だけで4500人以上確認されており、周辺地域にも拡大している。

これを受けて同県は、郡内の6地区を対象に今日(31日)午前0時からロックダウンすることを決めた。

関連記事(外部サイト)

×