タイからの帰国者への水際対策強化

 厚生労働省は1日、新型コロナウイルスの水際対策措置として、新たにタイからの入国者に対して、検疫所長の指定する場所で入国後3日間待機とすることを決めた。タイへの実施開始は今月4日から。 

この他インド型変異株が確認されたアフガニスタン、ベトナム、マレーシア、ドイツ、アメリカ(一部の州)からの入国者に対しても、最大10日間の強制隔離となる。

関連記事(外部サイト)

×