タイ政府、75歳以上外国人対象にワクチン接種開始

 タイ外務省は、新型コロナワクチン未接種の75歳以上の外国人に対して、ワクチン接種センターでワクチンの接種が可能となると発表した。 

在タイ日本大使館によると、今日(19日)からバンコク都内バーンスー中央駅のワクチン接種センターで午前9時から午後4時の間、ウォークイン・プロセス(大使館注:事前登録なしで、接種会場でワクチンの登録を行うことができるシステム)でワクチン登録を行うことができる。

1日あたりのワクチン接種の供給量には上限があるが、継続的にワクチン接種が行われるそうだ。

接種当日に、パスポート及び居住証明書を持参し提出する必要がある

関連記事(外部サイト)