日本信号、レッドライン向けAFCシステム納入

 日本信号は10日、住友商事からバンコク都内の首都圏鉄道整備計画レッドラインのAFCシステムを受注したと発表した。 

レッドラインは、タイ政府が進める大規模事業計画の一つで、バンコク市中心部のバーンスー駅を起点とし、北に26.4キロ、西へ14.6キロ延びる全線高架の鉄道路線を建設する計画。北線建設は日本政府からタイ政府へ供与される円借款、西線建設はタイ政府自己資金で建設される。2020年に完成予定だ。

昨年、三菱重工業、日立製作所、住友商事の日系3社が共同で、タイ国鉄道公団(SRT)からレッドラインの鉄道システム一式を受注していた。

関連記事(外部サイト)