東京エネシス、タイ販社の出資比率引き上げ

 東京エネシスは、タイの関連会社TESプラクティカムの増資に伴い株式保有比率を引き上げ子会社化とすると発表した。 

TESプラクティカムは、2016年に発電プラント関係の設備製造販売をすることを目的にタイ現地パートナーと合弁で設立した。

今回の増資で東京エネシスの保有株式は4800株(議決権保有割合48%)から24万100株(同49%)に引き上げられる。株式取得価格は2億3500万バーツ。

関連記事(外部サイト)