SMAP「後輩からも痛烈批判」で、事務所と決別? 4人で独立&再デビューも

SMAP「後輩からも痛烈批判」で、事務所と決別? 4人で独立&再デビューも

記事画像

 先の定例会見で、NHKの籾井勝人会長が今年末に解散するSMAPへの紅白出場オファーを明らかにしたが、各方面から出場を熱望する声が相次いでいる。「演歌界のオヤジ・北島三郎も“最後は紅白に出ればかっこいい”と話していますし、先日も、大御所・細川たかしが、イベント後の囲み取材で、SMAPに紅白出場を呼びかけていました。業界関係者の気持ちは、一様に同じですよ」と語るのは、夕刊紙デスク。さらに、こう続ける。

「大手芸能プロの社長たちも皆、“SMAPは出るべき”と言っています。最後を締めて筋を通すのが“芸能界の掟”。逆に言えば、グダグダのまま解散するなら、“掟を破った”として、今後の活動が困難になることを意味します」 SMAPに対し、芸能界全体から「最後の花道を」という声が多い中、驚くほど厳しい意見が飛んできた。しかも、身内からだ。

「後輩の滝沢秀明が、『週刊文春』の直撃取材に対し、<(所属タレントは事務所に)感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう>と、暗にSMAP批判とも取れることを語りました。滝沢はジャニー喜多川社長の秘蔵っ子。彼の発言が、ジャニーズ事務所の総意でしょう。今後も、木村拓哉以外の“造反組”の未来は相当、暗いでしょうね」(芸能記者) 今年末でSMAPは解散するものの、メンバーと事務所の契約は、来年9月まで残っている。

「“木村を心底嫌っている”香取慎吾、香取と関係が深い草なぎ剛は来秋での退社が濃厚とみられます。稲垣吾郎もそれに追随するかもしれませんし、3人が辞めるなら、引く手あまたの中居正広も“決断”をする可能性がありますね」(前同) 契約問題も不透明な状況にあって、気になるのは彼らの今後。そんな中、本誌に聞こえてきたのは、驚くべき再出発の話だった。そして、それを取り仕切るのが、SMAPの元チーフマネージャーで、これまで彼らのすべてを管理してきたI女史(今年1月にジャニーズ事務所を退社)だというのだ。

「彼女は8月、文春の取材に“(SMAPとは)一度も連絡を取っていない”“芸能界の仕事はしていません”“(今後)マネージャーもやらない”と答えていました。しかし直後、自身が担当していたKis-My-Ft2のメンバーとの密会が写真誌で報じられるなど、いまだジャニーズタレントとつながっているのは明白。そして、そんな彼女が今、力を入れているのが中国でのビジネスなんです。ジャニーズ退社後にI氏は頻繁に中国に渡っている他、中国系の家電量販店の『L』のPR部門を担当しているとの話です」(芸能プロ関係者)

 Lといえば、近年の来日中国人による“爆買い”で一躍、売り上げを伸ばした企業。LとI氏の接点とは? 「SMAPは、2011年9月に初の海外コンサートを上海で行いました。本来は10年の開催予定でしたが、あまりの人気で、ファンが入場券を奪い合って、負傷者が出る危険性が出たため、延期されたんです。11年にコンサートが開催された際には、メンバーは温家宝首相(当時)、唐家せん前国務委員とも会談。これに尽力したのが、件のI氏でした」(前同)

 以降、中国要人と太いパイプを作ったI氏は、中国企業や中国芸能界に食い込んでいったという。「SMAPの上海コンサートと同時期、香取は中国の資生堂のCMに出演しています。I氏と家電量販店Lの関係が深まったのも、その頃でしょうね」(同) さらに、今年4月頃から、I氏がかつて担当していた山Pこと山下智久が頻繁に中国に飛んでいるのだが、「それは、彼が中国国内の連ドラの撮影に臨んでいるからだといいます。その仕事を取ってきたのは当然、I氏ですね」(同) その山下に関しては、こんな話も聞こえてくる。

「先日、最終回を迎えた連ドラ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)の主演は滝沢秀明でしたが、当初は山下の予定だったんです。事務所がI氏に近づく山下を疎ましく思い、主役を交代させたと聞いています」(制作会社関係者) 芸能界引退どころか、I氏の存在感はますます増していくばかり。

「造反組の4人が他事務所に移籍しても、国内の音楽界で絶大な力を持つジャニーズの手前、現実的には音楽活動は難しいでしょう。I氏も、当然それを分かっていて、端から狙いは中国市場。まずは、I氏を慕う香取の中国での活動をフォローし、ゆくゆくは木村抜きの4人を中国で再デビューさせる、そんな可能性は十分にありますよ」(前出の芸能プロ関係者)

 仰天話にも思える、中国での“SMAP”再デビュー。だが、その下準備は、着々と進んでいる。

関連記事(外部サイト)