北朝鮮「悪夢の人体実験」その実態

北朝鮮が解放した米学生は脳が損傷しており死亡 人体実験に使われたとの見方も

記事まとめ

  • 北朝鮮で拘束された米学生は1年5カ月経って解放されたが、脳が損傷しており死亡した
  • 拷問を受けたといわれたが目立った外傷はなく、人体実験に使われたとの見方も出ている
  • 北朝鮮では政治犯やスパイ容疑をかけられた者に人体実験が行われているという

北朝鮮「悪夢の人体実験」その実態

北朝鮮「悪夢の人体実験」その実態

記事画像

「なぜ、あの状態で解放したのか……理解不能です」 全国紙外信部記者が首をかしげるのは、昨年に北朝鮮で拘束され、1年5か月経った6月13日に解放された米国人大学生のことだ。

「解放時、大学生は脳が損傷し、覚醒しているのに、どんな刺激にも反応しない状態。一時的な症状ではなく、昨年3月からのようです。結局、19日に米国で死亡しました」(前同)

 これを受け、トランプ大統領は北朝鮮を「残忍な政権」と非難。関係悪化は必至の情勢だ。件の大学生は北朝鮮を観光中、朝鮮労働党のスローガンが書かれた垂れ幕を剥がしたかどで拘束された。

「勾留が長くなったのは、オバマ政権が経済制裁の解除を求める北の“人質外交”に乗らなかったから。トランプ政権成立後の米朝交渉で、一人だけの帰還が実現したのですが、この状態で帰したのは失敗ですね」(ジャーナリストの辺真一氏)

 大学生は勾留後、すぐ“廃人状態”になったという。「拷問を受けたといわれていましたが、目立った外傷はなし。“なんらかの投薬が行われた”という話もあり、人体実験に使われたのでは……との見方もあります」(前出の外信部記者)

 人体実験とは、なんとも恐ろしい話だが、本当にそんなことがあったのか? 北朝鮮情勢に詳しく、毒物劇物取扱者の資格も持つ国際政治評論家の井野誠一氏は、こう分析する。「この大学生はやや精神的に不安定で、北朝鮮も扱いに困り、鎮静剤や複数の自白剤を投与したといいます。それが継続的かつ量が多かったため、こうなってしまったとか。電気ショック療法を行ったとの情報もありますが、外交カードに使うため、ある時期まで治療を試みていたようです」

 では、北朝鮮で人体実験は行われていないのか? 「実験自体は存在します。政治犯、収容所での病気やケガで働けなくなった者、スパイ容疑をかけられた者などが対象です。対象者は軍の秘密病院や化学研究所、そして金ファミリーの健康のための“長寿研究所”などに連れて行かれ、薬物や細菌を投与されるのです」(井野氏)

 しかも、この実験には北朝鮮の“国家プロジェクト”という側面もあるという。「人体実験で得られるデータは、生物化学兵器の開発や、一般薬品や肥料などの開発に活用されます。北朝鮮は、これを外国やテロ組織に売りさばいて外貨を得ているんです」(前同)

 つまり、被験者はある意味、北の産業発展に多大な貢献をしているという。「そのため、“偉大なる指導者に身を捧げよ”と被験者を募る場合もあります。実験内容は知らされず、多くは死亡するか障害が残るんですが……」(同)

 さらに、こんな所業も。「中国の組織からの“注文”を受けて、薬物で被験者を脳死状態にし、臓器を取り出して売ることも。北朝鮮のビジネスの暗部を大いに支えているのが、人体実験なんですよ」(同)

 許しがたい独裁国家の蛮行。100人以上ともいわれる日本人拉致被害者の安否が気になるところだ。

関連記事(外部サイト)