1990年代に遺伝子操作された細菌によって、地球上の全植物が枯れて人類も絶滅の危機

記事まとめ

  • 1990年代に遺伝子操作された細菌によって、全植物が枯れて人類絶滅の危機だったという
  • また、大型ハドロン衝突型加速器について、ホーキング博士は宇宙の崩壊が始まると言う
  • ほかに、HIVの人間への感染は、ロシア人科学者の獣人兵士計画が原因との説もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております