ミャンマー当局、拘束中の日本人ジャーナリストを起訴

ミャンマーで邦人記者を起訴

 【バンコク=津田知子】ミャンマー日本人ジャーナリストの北角裕樹さんが拘束された問題で、警察当局は3日、虚偽の事実を流布した罪などで北角さんを起訴した。在ミャンマー日本大使館が同日、確認した。北角さんは4月18日、最大都市ヤンゴンの自宅で拘束され、ヤンゴン市内の刑務所で取り調べを受けていた。

関連記事(外部サイト)

×