バイデン大統領、中国アプリ禁止の大統領令を撤回…TikTokなど

バイデン大統領、中国アプリ禁止の大統領令を撤回…TikTokなど

バイデン大統領

 【ワシントン=山内竜介】米国のバイデン大統領は9日、動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」、SNS「微信(ウィーチャット)」など中国企業運営アプリの使用を禁止するとしたトランプ前政権の大統領令を撤回すると発表した。その上で、中国への情報流出リスクを再検証するよう関係省庁に命じる大統領令に署名した。

 前政権はティックトック米事業の売却か使用禁止を求めたが、裁判所に差し止められて実現していない。バイデン政権は法的根拠を明確にし、中国アプリへの対応を見直す考えだ。

関連記事(外部サイト)

×