対中制裁に対抗措置、中国が「反外国制裁法」など可決

 【北京=比嘉清太】中国中央テレビ(電子版)によると、中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は10日、中国に対して制裁を発動した外国に対抗措置を取ることを可能とする二つの法案を可決した。米欧との対立を念頭に、人権問題や貿易分野で対中圧力がさらに強まる場合、中国が打ち出す対抗措置には法的根拠があると正当化したい考えとみられる。

 成立した二つの新法は、「反外国制裁法」と「データセキュリティー法」だ。

関連記事(外部サイト)

×