ファーウェイ、スパイ活動支援…人気歌手の通信傍受も

 【ニューヨーク=橋本潤也】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は14日、中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の技術者らが、アフリカ東部ウガンダや南部ザンビアの政府情報機関と協力し、通信傍受や位置情報の取得などを通じて、野党などの政敵や反政府運動を監視するためのスパイ活動を支援していると報じた。

 ウガンダでは昨年、長期政権のムセベニ大統領の退陣を求め、若者に人気の歌手が集会を計画した。ファーウェイの技術者が情報機関に協力し、歌手の通信アプリを傍受して場所を特定した結果、警察当局が会場周辺で支持者らを逮捕した。ザンビアでは、ルング大統領を繰り返し批判するブログを書いた活動家を逮捕する際、ファーウェイの技術者らが協力したという。

 ファーウェイは両国の情報通信分野の業務を請け負い、技術者らは政府内で働いていた。中国政府の指示や同意があったかどうかは不明だとしている。ファーウェイの報道担当者は「ハッキングなどの活動には決して関与していない」と否定しているという。