首相靖国玉串料、中国不快感も「断固反対」使わず

 【北京=田川理恵】中国外務省の華春瑩フアチュンイン報道局長は15日、安倍首相が私費で靖国神社に玉串料を奉納し、一部の衆参両院議員が神社を参拝したことについて、「歴史に対する一部の政治的要人の誤った態度を反映している。実際の行動をもってアジアの隣国と国際社会の信を得るよう求める」との談話を発表し、不快感を表明した。例年使用してきた「断固反対する」との表現は用いず、改善が進む日中関係を考慮した可能性がある。