香港抗議デモ「初の死者」…駐車場で倒れていた大学生

香港抗議デモで「初の死者」

 【北京=比嘉清太】香港での警官隊とデモ隊の衝突の現場近くで負傷した22歳の男子大学生が8日午前、香港の病院で死亡したと、香港紙・明報(電子版)などが伝えた。中国、香港両政府に対する一連の抗議運動に関連し、具体的な死者の情報が伝えられたのは初めてとみられる。デモ隊の若者らが警察への反発を強めて抗議運動をさらに過激化させる可能性がある。

 香港メディアによると、大学生は4日未明、香港・新界地区の駐車場で倒れているのが見つかった。頭部を強打しており、意識不明の重体で緊急搬送された。当時、近くでは警官隊とデモ隊が激しく衝突し、警察は催涙ガスを発射するなどしていた。

 大学生が催涙ガスから逃れようとして、駐車場の建物の上層階から転落した可能性などを香港メディアが指摘している。当局が状況を調べているが、詳細は不明だ。