ウイグル族弾圧、習氏「容赦するな」…米紙が中国政府の内部文書入手

 【ニューヨーク=村山誠】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は16日、少数民族ウイグル族に対する弾圧の実態を示す中国政府の内部文書を入手し、その内容を報じた。習近平(シージンピン)国家主席がウイグル族の取り締まりについて「容赦するな」と指示した非公開の演説内容も含まれており、中国政府のウイグル族に対する強硬姿勢を改めて示した形だ。

 ニューヨーク・タイムズによると、入手した文書は、習氏や中国共産党幹部の非公開の演説資料のほか、新疆ウイグル自治区当局者への指示書など24種類、計403ページに上る。このうち、2014年に新疆ウイグル自治区で暴動が起きた際に習氏が行ったとされる演説では、習氏がウイグル族の取り締まりを「テロや分離主義との闘い」と表現し、「一切容赦はするな」と指示していた。

 文書にはまた、中国政府が少数民族の「職業技能教育訓練センター」だと主張する「再教育施設」について、収容者の家族からの問い合わせに対応するための想定問答などもあった。

 ニューヨーク・タイムズは、文書は中国の政界関係者から提供されたとし、「中国共産党内部にも、ウイグル族弾圧を疑問視する声がある」と指摘した。