[深層NEWS]米朝交渉に李教授「核は北にとって権威に必要、絶対に手放さない」

 李相哲・龍谷大教授と礒崎敦仁・慶応大准教授、三村光弘・環日本海経済研究所主任研究員が2日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、停滞する米国と北朝鮮の非核化交渉について議論した。

 北朝鮮が核を手放す可能性について、三村氏は「米国が提示する条件によっては相当程度、放棄すると思う」と述べた。礒崎氏は「条件は北が求めるものになり得ないので、(放棄は)難しくなってきている」との見通しを示した。李氏も「核は北にとって政権の権威や正統性を保つために必要なものなので、絶対に手放さない」と語った。

関連記事(外部サイト)