トランプ大統領、香港人権法で米中貿易協議「良くはならない」

 【ワシントン=山内竜介】米国のトランプ大統領は2日、米国で成立した香港人権・民主主義法が中国との貿易協議に与える影響について、「良くはならない」と記者団に話した。米中貿易協議は、交渉分野を絞った「第1段階」の合意文書への署名へ大詰めを迎えているが、中国が同法成立に反発し、協議への悪影響が懸念されている。

 米中両国は15日に新たな制裁・報復関税の発動を予定しており、それまでに歩み寄れるかが焦点だ。ロス商務長官は2日、米FOXビジネステレビのインタビューで「15日が論理的な期限だ」と強調し、それまでに合意がなければ「トランプ大統領は関税を引き上げると明確にしている」と中国をけん制した。

関連記事(外部サイト)