北外務次官「クリスマスプレゼントに何を選ぶか米次第」

 【ソウル=豊浦潤一】朝鮮中央通信によると、北朝鮮のリ・テソン外務次官(米国担当)は3日、北朝鮮が米国との非核化協議で期限に設定した年末まで「日一日と迫っている」とし、「クリスマスのプレゼントに何を選ぶのかは、米国の決心次第である」との談話を発表した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験などの再開をにおわせ、米国に譲歩を迫る狙いとみられる。

関連記事(外部サイト)