朝鮮労働党、中央委総会で「重大な問題」討議・決定へ

 【ソウル=岡部雄二郎】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、朝鮮労働党の中央委員会総会が今月下旬に開かれることが決まったと報じた。米国との非核化協議の期限として北朝鮮が設定した年末が迫る中、北朝鮮による新たな対米方針が打ち出されるかどうかが焦点だ。

 朝鮮中央通信によると、総会では「変化した内外情勢の要求に即した重大な問題」を討議・決定する。米国が非核化の具体策を議論する実務者協議の早期再開を呼びかけているのに対し、経済制裁の解除など「敵視政策の撤回」を求める北朝鮮はこれに応じず、対話は行き詰まりが続いている。

 党の指導機関である中央委員会が総会を開くのは今年4月以来となる。昨年4月の総会では、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の中止が決まった。年末までに米朝協議で進展がなかった場合、実験中止の決定が変更されるかどうかも注目される。

関連記事(外部サイト)