ワクチン初回接種930万人どまりの米、2回目用を各州に配布へ…1日100万人接種へ

 【ワシントン=船越翔】米政府は12日、新型コロナウイルスワクチンの接種拡大に向け、2回目の接種のために保管していたすべてのワクチンを初回用として各州に配布すると発表した。これによって、現在は1日約70万人の米国での接種者が、10日以内に約100万人に増える見込みという。

 米政府は12月から製薬大手ファイザーとバイオ企業モデルナの2種類のワクチンの接種を開始。いずれも3〜4週間間隔で2回接種が必要で、米政府は2回目分を備蓄している。昨年末までに医療関係者や介護施設の入所者ら2000万人に接種予定だったが、初回接種を終えたのは12日時点で約930万人にとどまり、在庫分の早期放出を求める声が相次いでいた。

 アレックス・アザール厚生長官は12日の記者会見で「ワクチンの一定の生産ペースを維持できるようになり、保管分の配布が可能となった」と語った上で、今回の措置で2回目の接種が遅れることはないと強調した。

 アザール氏はまた、「最も脆弱(ぜいじゃく)な人々のためにワクチンを使う必要がある」として、65歳以上の高齢者や持病のある人も接種対象に含めるよう各州に求めたことも明らかにした。

関連記事(外部サイト)