「大統領の犯罪は明白」NY市、トランプ氏一族企業との契約打ち切りへ

「大統領の犯罪は明白」NY市、トランプ氏一族企業との契約打ち切りへ

NY市長"大統領の犯罪は明白"

「大統領の犯罪は明白」NY市、トランプ氏一族企業との契約打ち切りへ

トランプ・オーガニゼーションが運営するスケート場「ウォールマン・リンク」(13日、米ニューヨークのセントラルパークで)=寺口亮一撮影

 【ニューヨーク=寺口亮一】米ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は13日、トランプ大統領の一族が経営する企業「トランプ・オーガニゼーション」とのスケート場運営などを巡る事業契約を打ち切る方針を発表した。米連邦議会議事堂が一時占拠された事件をトランプ氏が扇動したとして「大統領が犯罪を犯したのは明らかだ」と批判した。

 デブラシオ氏によると、同社はセントラルパークにある二つのスケート場や市が所有するゴルフ場の運営などを請け負っている。年間計約1700万ドル(約17億6000万円)の収入になるという。米メディアによると、同社側は市と争う姿勢を示している。

 セントラルパークのスケート場のうち「ウォールマン・リンク」は老朽化で1980年にいったん閉鎖。市の改修工事が大幅に遅れていた86年、「不動産王」として名をはせていたトランプ氏が再建を支援し、4か月で完成させた経緯がある。冬の風物詩として、今も市民に親しまれている。

関連記事(外部サイト)